どのような打順になるのだろうか。

現状、打力が弱いポジションはセカンド・ショート・レフト・ライトの4つ。ただショートは京田の鉄壁の守備があるためスタメンからは外せず、残るはセカンド・レフト・ライトの3つ。ここでスタメン起用するとなると、それぞれどこを守るのだろうか。


根尾石川昂弥



<ファームで経験済み>
根尾:二・三・遊・左・中・右
石川:三・遊(セカンドはキャンプの練習のみ)


こう見ると、サードにはキャプテン高橋周平がおり、ショートには実質GGの京田がおり、石川昂弥が守るポジションがありません。サード・ショート以外のポジションを練習する必要があります。そう考えると悩める和製大砲・青ゴジラこと福田永将と交代でレフトというのが現実的でしょうか。

一方根尾は選択肢が多いため、起用できるポジションは沢山あります。その中でも竜の主砲・平田が不調で抜けているライトのポジションは、根尾の強肩を活かせるポジションでもあり最有力ではないでしょうか。大阪桐蔭の師匠・平田の穴を埋めるのは根尾というのはワクワクしますね。



それらをふまえて・・・

打順予想



1 中 大島
2 右 根尾
3 左 石川昂
4 一 ビシエド
5 三 高橋
6 二 阿部
7 捕 木下拓・アリエル
8 遊 京田
9 投



あえて上位打線に根尾・石川を置く打線を予想してみました。打順上位の方が多くの打席を経験できますし、これが機能するとチームの勢いは一気に加速すると思うのです。かつて若手だった頃の荒木・井端・ついでに種田もシンデレラボーイのように現れ、上位打線を打ち打率は3割を超え、塁上を賑わしていました。勢いのある若手は打順上位で起用すべきだと思います。




今から巨人を追い越すのは普通の今まで通りの野球をやっていては不可能。

ミラクルを起こせるのは、根尾と石川昂弥なのかもしれません。








※ でも、個人的にはシーズン終了までファームで修業してほしい派です。。